ジコプロ公式ロゴ お問い合わせ 店舗一覧店舗一覧
「事故解決のプロ」が揃ってます!修理代に関するご相談も相談無料!
信頼の板金塗装店をお探しの方は「ジコプロ」へ
一括見積ヘッダー画像2 一括見積ヘッダー画像2

線キズの塗装修理

電話番号:04-2947-5644
お問合せの際はジコプロを見たとお伝え頂くとスムーズです。
〒359-1164 埼玉県所沢市三ケ島1-350-1
image1
image1

修理前

左スライドドアにクリヤー層のしたまで深く入った線キズが数本あり塗装修理のご依頼で入庫いたしました。
この色は黒色の塗料(カラーベース)の上に透明な塗料(クリヤー)を塗装している2コートタイプの塗膜であるため 補修の段階でも同じように2コートで塗装して原状復帰いたします。

image2

下地作業

クリヤー層を目の細かいペーパーで一皮剥いて下地を作る作業中の写真です。
目の細かいペーパーと専用のサンダーを用いて削っていきます。
このペーパーやサンダーにも様々な種類があり 工場によってこだわる部分です。
当店ではWアクションサンダーという複雑な動きをする工具と320番のペーパーのセットで研ぎました。均一で薄い傷が付きましたが 線キズも綺麗に落とすことができました。

 

image3

下地

サンダーで削った部分の密着性とシール性をよくするため 又削った分の膜厚を復元するためにサフェーサという下地用塗料を塗装して下地作りをします。
今回は黒い簿デーなので 黒色のサフェーサを塗装して下地を作りました。
この下地は水研ぎで作ることが多く 最終的な仕上がりに影響する作業なので丁寧で慎重な作業が必要です。
又、ペーパーの選択は重要で 特に黒色の場合ペーパー目が粗いと塗装後にペーパー目が見えてしまうことがあります。
当店では仕上がり重視のため手間はかかりますが極力目の細かいペーパーで仕上げるようにしています。

 

image4

塗装

補修部分に黒色のカラーベースを塗装してその後クリヤーという透明な塗料をドア前面に塗る作業に入ります。
その前に塗装するために邪魔になってしまうドア上部にあるベルトモールと取っ手のアウターハンドルの取外し作業が必要になります。
このように塗装専用ブース内で塗装してそのまま高温で焼付け乾燥させます。
その後、ピカピカに磨き上げて完成となります。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの評価 
12345 (4 投票, 評価平均値: 4.75)
Loading...Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することでどなたでも評価できます。

古沢 治

古沢 治㈲ボディワークスフルサワ 代表取締役

投稿者プロフィール

1962年生まれ
車を修理することが好きで鈑金塗装業をしています
趣味 釣り.
資格 車体整備士.低電圧.古物

経歴
平成元年起業
鈑金塗装の経験が30年以上

この店舗の最新の記事

関連記事

コメントする

過去48時間の高評価記事トップ5

  • N/A
ページ上部へ戻る
埼玉の自動車修理店を探すならジコプロ
ジコプロフリーダイヤル
春日部・加須
日高・所沢
東松山・川越
さいたま
川口・桶川